つれづれつーりんぐ
旅行と御朱印集めのブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鳥取・島根つーりんぐ
先週のつーりんぐの記録です。

P1010690.jpg

広島を03:00に出発。
一般道でまずは鳥取県境港市へ向かいました。


P1010667.jpg
06:30頃 境港市到着。
ここはなんといっても水木しげるの生まれ故郷、鬼太郎の町です。


P1010668.jpg

P1010669.jpg
水木しげるの顔ww


P1010671.jpg
おやっさんチース


P1010672.jpg
P1010673.jpg
町の中に、水木しげるロードっていうのがあって、妖怪さんがいっぱいいます。


P1010675.jpg
P1010677.jpg
妖怪神社
入り口に巨大な目玉のおやじがいます


P1010679.jpg

P1010681.jpg
妖怪広場


P1010682.jpg
おい、誰か溺れてるぞ


P1010683.jpg


P1010687.jpg
水木しげる記念館
朝早いから、もちろんあいてなかった。


P1010689.jpg
この橋を渡って島根県松江市へ
こっから島根県になります


P1010694.jpg
松江城
日本に残る現存天守(江戸時代以前からそのまま残ってる天守閣)12のうちの一つになります。



P1010696.jpg
複合式望楼型5重6階の天守で、内部に井戸がある唯一の現存天守。外装は黒い下見板張りで、最上階には内廻縁と高欄を有し、鯱は木造銅板張である。2階に付けられた石落しなどの装備の点でも極めて実戦的な造りであり、漆黒の武骨荘重な意匠となっている。



P1010707.jpg
松江城界隈を見学
武家屋敷

P1010708.jpg
江戸時代中期から松江藩の中級武士が住んだ
表側は立派な造りだが、家族が使う裏手は簡素なものになっている。

P1010709.jpg


P1010714.jpg
小泉八雲旧居


P1010715.jpg

P1010717.jpg

P1010718.jpg

P1010719.jpg

P1010720.jpg

P1010725.jpg
宍道湖を望み、出雲へ向かいます

P1010740.jpg
出雲大社
説明めんどいから省く

P1010729.jpg

P1010731.jpg

P1010735.jpg



P1010727.jpg
出雲名物「割子そば」
割子そば出雲そばの中では三段の丸い漆器にそばを盛って出す割子(わりご)そばがもっとも有名な形であるが、これは江戸時代に松江の趣味人たちがそばを野外で食べるために弁当箱として用いられた形式が基となっている。出雲地方では昔から重箱のことを割子(割盒とも)と呼んでおり、当時の割子は正方形や長方形、ひし形などさまざまな形であったが、明治40年頃に当時の松江警察署長の発議によりヒノキを用いた底の厚みのある丸形の漆器に変わった(警察署長の発議は、割子が四角形であると四隅が洗いにくく、衛生的見地から問題があると見たからと言われている。なお、当時の食品衛生は警察の管轄であった)。

食べ方 他の地方の蕎麦に比べて、だし汁の掛け方が違う。他地方では蕎麦をだし汁の中に入れる場合が多いが、出雲そばの場合、だし汁自体を器に入れて食べるため、だし汁を入れる容器の口が狭くなっている。それに薬味をかける場合が多く、おろし大根は定番である。



P1010743.jpg
出雲の阿国のお墓
出雲大社の近くにあります

P1010744.jpg
伝承によれば、出雲国松江の鍛冶中村三右衛門の娘といい、出雲大社の巫女となり、文禄年間に出雲大社勧進のため諸国を巡回したところ評判となったといわれている。



P1010746.jpg
稲佐の浜
国譲り神話の舞台でもあり、「伊那佐の小濱」(『古事記』)、「五十田狭の小汀」(『日本書紀』)などの名がみえる。
また稲佐の浜から南へ続く島根半島西部の海岸は「薗の長浜(園の長浜)」と呼ばれ、『出雲国風土記』に記載された「国引き神話」においては、島根半島と佐比売山(三瓶山)とをつなぐ綱であるとされている。


P1010747.jpg
世界遺産の石見銀山へ

P1010748.jpg
今回は江戸時代に形成され、武家屋敷・商家、寺院などが立ち並ぶ大森地区を散策


P1010749.jpg


P1010750.jpg
P1010751.jpg
P1010752.jpg
P1010755.jpg
P1010760.jpg
P1010765.jpg
P1010768.jpg
P1010773.jpg
ここでカレーパン買ったら糞うまかった
絶対また食べに行きたい!


時間が無くて銀山らしい写真を撮れなかったけど、また来る予定だからおk


走行距離460kmでした。

ちょいこれから船に乗らないといけないので、解説適当になってる
バイバイ

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://rakutyurupann.blog65.fc2.com/tb.php/121-a43b59bf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ぽよんよん

Author:ぽよんよん
メイプルストーリー:洛中のルパン(DK) 栗山栗子(英雄)
サドンアタック:ぷるりんこ(星1)

オンゲから離れ、旅行がメイン記事になります



twitter



最新コメント



最新記事



月別アーカイブ



リンク




にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村 にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ
にほんブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。